選手向け

オンラインウィズドロー締切後のウィズドローはどのようにすればいいでしょうか。

■オンラインウィズドロー締め切り後のウィズドロー申請


オンラインウィズドロー締め切り後にウィズドローする場合は、速やかに、所定のウィズドロー届出書に必要事項を記載の上、FAXまたはメール(PDF添付)にて送信するか、大会会場または主催者団体事務所まで直接提出するか、いずれかの方法にてその旨を大会主催者宛てに申請してください。


# ウィズドロー届/診断書/メディカル評価確認書のフォーム


上記書類提出をすぐに行うのが難しい場合は、便宜のため、電話・メール等で第一報を主催者宛てに入れてください。


その際、①ウィズドローする理由 ②ウィズドロー届出書の提出はいつ頃になるか の2点は必ず伝えてください。



■ケガ・病気・体調不良が原因の場合は別途診断書等の書類提出が必要


オンラインウィズドロー後のウィズドローの場合、正当な理由による欠場である場合を除き、レフェリーの判断により、レイトウィズドロー、または、ノーショーに該当するとして、サスペンションポイントが課されます。


正当な理由があるとみなされるのは、ケガ、病気、体調不良が原因で、医師による診断書または有資格トレーナーによる確認書がある場合となります。医師が記載する場合は「診断書」を、トレーナーが記載する場合は「メディカル評価確認書」の用紙にて記載してもらってください。


したがって、第一報を電話等で行っていたとしても、最終的に大会終了日までに書類が提出されなければ、届け出なしの欠場とみなされます。


しかるべき書面の届け出がない場合、レフェリーの判断により、原則として、レイトウィズドローまたはノーショーに該当するとして、サスペンションポイントが課されます。


診断書、メディカル評価確認書の原本は、以下のリンクをクリックして入手してください。

ウィズドロー届/診断書/メディカル評価確認書のフォーム


COPYRIGHT(C) ALL RIGHTS RESERVED BY JAPAN TENNIS ASSOCIATION SINCE OCT. 2000